これってpgcdの好転反応なの?

スキンケアに使用する化粧品を変えたときに一時的に皮脂の量が増えたり、角質がぼろぼろと剥がれるなど、美肌のために行っているスキンケアが逆に肌トラブルを招いているのではないかと感じたことはありませんか。

 

これは好転反応と呼ばれている反応であり、鈍くなっていた肌サイクルが目覚めたためにサイクルが活発になる過程で起こる反応です。

 

肌トラブルは一時的なものであり、少しずつ肌は本来の状態へと戻っていきます。

 

pcgdは、洗顔でファンデーション要らずの透明肌へと肌を導いてくれる化粧品です。

 

肌の生まれ変わりのサイクルは最低でも28日間です。この間にpgcd 好転反応が起こることがあります。

 

pgcd 好転反応の例としては、Tゾーンの皮脂分泌の増量、毛穴から角栓が出てくる、あごのザラつき、シミが目立つようになる、などがあげられています。

 

好転反応が落ち着くと肌本来の再生力が甦り、自立肌へと生まれ変わります。まずはpgcdのお試しセットで肌への効果を試してみてはいかがでしょうか。

 

[wp-svg-icons icon=”arrow-right-3″ wrap=”span”]「pgcd トライアルセット」公式サイトはこちら
>>> スキンケアトライアルセット